キャッシングと勤続年数の大きな関係

キャッシングの利用を申し込むと、まずは審査と呼ばれるチェックを受けなければなりません。キャッシング会社は事業として融資を行う訳ですから、その利用者が利息を含めた返済をきちんとしてくれるのか、事前に調べる必要があるのです。

返済をしてもらえなければ損をすることになるため、いくら素早いとされるプロミスの審査であるとしても慎重に厳しく行われます。中でも特に重視されるのが、利用者の勤続年数についてです。収入がきちんとあるかは大切ですが、そもそもその収入を確実に継続して得ていけるのかは、勤続年数で確認します。

どんなに収入が高くても、勤続年数が短ければ安心できません。転職したばかりということだし、今後も働きつづけられるか、その会社が存在し続けられるかという信用度が足りないのです。一般的に、勤続年数は最低でも6ヶ月は必要だとされています。

もしもこれが6ヶ月以下であると、継続した収入を得られるかが怪しくなり、希望した借り入れ額を非常に低くされたり、多くの場合で申し込みを断られたりします。

しかも6ヶ月というボーダーラインは、あくまで最低必要な期間です。審査のうえで問題ないとされるのは、サラリーマンで1年以上、個人事業主は3年以上だとされています。